圧着ハガキを使用するメリット

圧着ハガキとは、二つ折りにした紙の表面に特殊な塗料をコーティングし、圧力をかけて接着したハガキのことです。公共料金の請求書や通知書、各種DMなどに使われています。紙が折り畳まれているので、通常のハガキの2~3倍の情報を掲載することが出来ます。誰でも簡単に剥がすことができ、一度剥がしてしまうと再びくっつくことがないのが特徴です。ただ、雨などで濡れた場合はしっかり乾かさないと剥がしにくくなってしまうのが難点です。メリットとしては、他人には見られたくない個人情報を内側に記すことにより、高い機密性が保たれるということが挙げられます。封書に比べ、郵便料金が安いのでコスト削減にもなり、企業では個人情報保護のメリットもあることから圧着ハガキを使用するところが増えてきました。また、ダイレクトメールの場合は、家に届いた時点では中身の情報は見えないので、「隠れているものは見たくなる」という人間の心理を上手く利用して高い広告効果を得ています。

圧着ハガキのメリット

圧着ハガキというのは、紙の内面に伝えたい内容を記載しておき、その記述面を合わせるようにして2つ折りにします。そして、特殊な接着のりを使用して接着させて仕上げたハガキのことであります。特殊な接着を使用していますので、手で簡単に剥がすことが出来ます。情報を受取人のみに伝えたい場合にかなり有効のダイレクトメールです。では、厚着ハガキのメリットは、どういったものが挙げられるかですが、まずは通常のハガキに比べて記載出来る情報量が、2倍ほどの情報量を記載出来ます。特殊な接着を使用してハガキ2枚分を内折りして接着するため、限られたスペースを最大限に有効活用することが出来ます。また、圧着ハガキをダイレクトメールとして選択すれば、コストを節約出来ます。それは、ハガキ2枚分の情報量を1枚のハガキに掲載出来るため、郵便料金が安く済んでコストを抑えることが出来るからです。

圧着ハガキは比較的簡単に作成できます

圧着ハガキは色々な使い方が出来ます。販売促進用に使ったり、アンケートなどにも使えます。そして、他人に見せたくないものや個人情報が記載されているものに関してこのハガキのほうが安心です。そして、最近はインターネットで簡単に作れるようになっています。企業でなくても、同窓会の案内等にも使えるので個人でも使う機会があります。デザインも豊富で初めて作る人でもテンプレートを編集して依頼することも出来ます。用途に合わせてテンプレートがあるのでとても便利です。しかも、返信用や三つ折りのものもあり、用途に合わせて選ぶことが出来ます。価格としては、100枚ならば二万円前後と少し高いのですが、500枚以上になると二万三千円ほどとお得になります。その為、販売促進用ならば一度に大量に作って置いたほうがいいです。しかも、宛名印字から投函サービスまで扱っているところもあるのでそれを使うととても便利です。